プログラマーは将来的に不要と言われている

様々な分野で技術の発展が続いたことにより、「プログラマーは不要となる」可能性が現実味を帯びつつあります。
実際に、大手IT企業が「プログラムを自動生成するソフトウェア」を開発しています。
勿論、全てのシステムや環境に対応できるわけではありません。
ごく小規模、あるいはある程度、パターン化されたプログラムなどは、プログラマーが存在しなくても開発可能な段階にあります。
「夢物語だ」などと笑ってはいられません。

このため、これから先もプログラマーとして活躍していくためには、自分自身の価値を高めていくことが必要です。
例えば、どのようなシステムであっても、不測の事態が発生する可能性はあります。
トラブル発生時に、迅速かつ冷静に対応できる人材になるという方法です。
企業の基幹システムなどでは、一秒でも早く問題の解決が望まれることもあり、そう言った現場において「様々な事象を受け止めて分析し、解決に導くことができる人材」の重要性は高まります。

また、「プログラムを自動生成するソフトウェアを使いこなせる」という人材も重要でしょう。
「ソフトウェアで対応できる範囲はソフトウェアで対応し、それ以外の部分を人間が調整する」というスタンスを取ることで、作業効率の向上やミスの低下が望めます。
これから先、積極的に新しい技術を取り入れ使いこなすことで、高い評価を得られるプログラマーとして活躍できるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です